2011年 「広島県の絶滅危惧種 QJY」に写真が更新、あるいは加わった植物

タイシャクイタヤ         【更新】帝釈峡の石灰岩地にのみ産する希少種

フサザクラ            深山の渓谷に咲く姿はカツラのよう

モミラン              三段峡の小さな着生ラン

ノウルシ             全国的にも絶滅危惧種

ジュウニキランソウ       雑種だがそれほど見ない

ホンシャクナゲ          【更新】自然の中の貴重種は誰もが昔を懐かしむ

カツラ               【更新】雄花を撮影

ムサシアブミ           【更新】新しい自生地の発見

シュンジュギク          こんな可愛いキクは見たことが無い

ハンゴンソウ           昇格

ササバギンラン          昇格

マンセンカラマツ         日当たりの良い草原に生える春咲きのカラマツソウ

タカトウダイ            昇格

トウゴクシソバタツナミ     山麓の北側斜面に咲く

チャボシライトソウ        水気の多い場所でひっそりと咲く

イガタツナミソウ         花期の一番遅いタツナミソウ

シソバタツナミ           県内では非常にまれな存在

ノジトラノオ            同定はかなり困難

マルバカモメヅル        九州の一部と広島県でしか見られない貴重種

フクシマシャジン         関東地方の花が県央に咲く

セリモドキ             定期的な草刈り被害に遭う

ホソバノウナギツカミ      ため池も良く見れば百花繚乱

オニユリ              県内の自生は激減している

エゾシロネ             山間部の湿地に生える

シオン               九州と広島の山間部に自生する

ムカゴニンジン          湿地に生えるムカゴのついたセリ科

アキカラマツ            何処にでもあるのに知名度は低い

タカオフウロ            観察することの「力」が試される貴重種

ヒキオコシ             深山ではなく、瀬戸内の山の道路端で見つかった

セトエゴマ             瀬戸内海にそそぐ水系の流域に自生する

QJY植物図鑑 広島県の絶滅の恐れのある野生植物リスト