2012年 「広島県の絶滅危惧種 QJY」に写真が更新、あるいは加わった植物

ハナネコノメソウ       シロバナネコノメソウと見比べなければ

ホソバシュンラン       帝釈台の石灰岩が露出する日当たりの良い落葉樹林内

ウスイロヒメスミレ      ヒメスミレの花弁の色が薄い

スズフリイカリソウ      三次地方のカタクリが終わると出てくる花

チシマネコノメソウ      県北西部の渓流の水を浴びるような場所

マイヅルテンナンショウ   東広島市の日当たりの良い北斜面

デワノタツナミソウ      県内でよく混同されるホクリクタツナミソウと比較して見ました

ダイセンオトギリ       本州の日本海側に広く分布している

フガクスズムシソウ     ブナの林の着生ラン

カセンソウ           広島ではここしかないみたいだ

ホザキシモツケ        北海道・奥日光・霧が峰に産する貴重種が何故北広島町に

ヒュウガセンキュウ      【訂正】広義のオオバセンキュウとしていたものをヒュウガセンキュウと改めた

アカバナシモツケソウ    国内他地域のものとの比較が早急に望まれる

オオハシカグサ        がくに毛が無いハシカグサ、名前のとおり全体が大きい

ホドイモ            なんとも不思議な形の花がぶら下がる

テツカエデ           ウリハダカエデとの違いを理解しなければ

ヒキヨモギ           県内では沿岸部から山間地まで広く自生するが、あまり多くを見ない

ベンケイソウ         園芸種と思われがちだが吉和の里に自生する

タイシャクアザミ       【訂正】テリハアザミの帝釈峡版を改名

カワラボウフウ        名前に反して山道で見る

ヒバキンポウゲ       2012.12に新種として発表(旧ミヤマキンポウゲとしていたもの)

QJY植物図鑑 広島県の絶滅の恐れのある野生植物リスト